その他

『コーヒー豆』と『コーヒー粉』の違いとは?【結論:豆がおすすめ】

『コーヒー豆』と『コーヒー粉』の違いとは?【結論:豆がおすすめ】

趣味で美味しいコーヒーを探究しているKairi(@kairi_blog_org)です

 

自分で本格的なコーヒーを淹れてみたいと思ったとき「豆を買うか」「挽いてある粉を買うか」で結構悩みますよね

 

ですので今回はそんな「コーヒー豆」と「コーヒー粉」の違いについて解説していきます

 

先に結論からいうと、コーヒーを淹れる都度「豆」を自分で挽く方が美味しさが長持ちするのでおすすめです

 

『コーヒー豆』と『コーヒー粉』の違いとは?【結論:豆がおすすめ】

まず豆と粉について語る前に、大前提として知っておきたいことが一つあります

 

それは「コーヒー豆の味は、時間が経つにつれ劣化していく」ということ

 

豆が劣化する原因としては、次の3つ

コーヒー豆が劣化する要因3つ

  • ステイリング:吸水による反応(酸味が発生
  • 酸敗(空気酸化):酸素等との接触による反応(酸味が発生
  • ガスの損失:焙煎後に発生したガスが徐々に漏れていく(香りの損失

 

簡単にいうとコーヒー豆は時間が経つほど不快な酸っぱさが出て、香りも失われていくということですね

 

そしてこの味の劣化という部分に、豆と粉による違いも関係してきます

 

「粉」に挽いた豆は砕かれて表面積が大きくなっているので、より「水分」や「酸素」等に触れる形となっています

 

ですので「コーヒー粉」は豆よりも、味の劣化が早くなります

 

また炭酸ガスも抜けていきやすくなるので、香りもより早く落ちていきます

 

悩んでいる人
じゃあ実際「コーヒー豆」と「コーヒー粉」の賞味期限ってどれくらい違うの?

 

『コーヒー豆』『コーヒー粉』それぞれの賞味期限の違いについて

結論、それぞれの明確な違いは下記のとおり

ここに注意

  • 『コーヒー豆』の賞味期限:2週間~1か月程度(目安)
  • 『コーヒー粉』の賞味期限:数日~1週間程度(目安)

 

コーヒー粉にすることで約4倍ほど、味の劣化スピードが増しますね

 

そもそも豆も賞味期限が短くない? と思うかもですが、実は美味しいコーヒー豆やコーヒー粉ってそんなに長持ちしないんですよね

 

ですので1週間後には味が劣化してくる『コーヒー粉』については特に買う機会はほぼないと思います

 

新鮮で美味しいコーヒー豆を選びコツ

もしコーヒー豆を選ぶ機会があるなら、次の2点を確認するといいです

新鮮な豆を選ぶコツ

  • 焙煎日
  • 賞味期限

 

コーヒー豆は焙煎直後から劣化が始まるので、焙煎日は確認した方がいいですね

 

同じように並んでいる商品でも、焙煎日が違うものが混ざっている場合が多いです。

 

ですのでそんな時はなるべく「焙煎日が直近で新鮮なもの」を選ぶといいです

 

次に賞味期限ですね

 

たとえば賞味期限が半年もある商品とかがありますが、経験上そういう豆はあまりおいしくないです

 

Kairi
仕入れ側からすると1ヵ月で賞味期限が切れる商品は嫌ですよね
なのであえてギリギリ飲める長めの賞味期限で表記しているのだと思います

 

そういう商品は流通の過程で1ヵ月以上経過している可能性もあるので注意が必要ですよね

 

ですのでコーヒー豆はなるべく流通を避けた、下記3つの方法で購入することをおすすめします

  • コーヒー豆専門店で購入する
  • コーヒーショップで購入する
  • ネット通販(コーヒー豆専門)で購入する

 

まとめ:『コーヒー豆』と『コーヒー粉』の違いとは?【結論:豆がおすすめ】

まとめ:『コーヒー豆』と『コーヒー粉』の違いとは?【結論:豆がおすすめ】

以上、本記事は『コーヒー豆』と『コーヒー粉』の違いについて解説してきました

 

あらためてそれぞれの違いを表にまとめると、次のとおりですね

コーヒー豆 コーヒー粉
劣化しにくさ ×
賞味期限(目安) 2週間~1か月 数日~1週間

 

コーヒー豆専門店が近くにあるなら「コーヒー粉」もありかもですが、なかなか近くにはない人も多いですよね

 

ですので基本的には豆のまま購入するのがおすすめ

 

またコーヒー豆を選ぶ機会があるなら、次の2点を確認しましょう

新鮮な豆を選ぶコツ

  • 焙煎日
  • 賞味期限

 

以上、今回はここまでです

 

 

-その他

© 2021 Kairi Coffee