ハリオ(HARIO) セラミックスリムレビュー|2000円台の超初心者向け手動ミル【丸洗い可】

評価3.0点

「最低限の出費で、豆から挽いて淹れる本格コーヒーを楽しんでみたい」

今日はそんな超初心者にぴったりな手動ミル「ハリオセラミックスリム」をレビューしてみる

セラミックスリム 外観
開封前
部品一覧
セラミック刃
粒度の均一性

ハリオ セラミックスリム

【付属】水洗い可能だけど、サクッと掃除したい時にはハケもあると便利(▽安くて人気高め)

メリット

  • 本格的にグラインドできる臼刃式だけど、とにかく安い
  • 最大容量24gで1~2杯分に対応
  • 軽量かつコンパクト
  • 細かく分解可能+丸洗いも可能
  • 粉受けから粉を出しやすい

デメリット

  • 粒度の均一性や微粉の発生量はやや目立つ
  • ベアリングとかはないので、グラインドが安定しない
  • グラインド中に豆が引っ掛かるので、スルスル挽くことは難しい
  • グラインド時間にかかる時間はすこし長め
  • 樹脂で作られているので耐久性は低い

いろいろとデメリットはあるんだけど、実はAmazonレビューで【評価数7800・星4.5】と人気が高い商品

結論、2000円台から買えて本格的にコーヒー豆を挽くことができるので、「コーヒーにハマるか分からないけど試してみたい」という方は、とりあえず”これ”かなと思う

すこし値段が上がるけど、当サイトのおすすめコーヒーミルが知りたいという方は、こちらの記事「コーヒーミル手動・電動のおすすめ4選とその選び方【コスパ最強はどれ?」もぜひ参考にどうぞ

クリックできる目次

ハリオ(HARIO) セラミックスリム|概要・スペック

公式画像
公式画像
公式画像
製品名コーヒーミル・セラミックスリム
カラー透明ブラック(のみ)
サイズ
(横幅×奥行×高さ)
150mm × 72mm × 220mm  
ハンドルの長さ125㎜
重量
(合計:ミル本体+ハンドル)
約240g
ホッパー容量約24g
刃の形状臼式
材料臼:セラミック
蓋・ボディ:メタクリル樹脂
ホッパー・グリップ・ハンドルキャップ:ポリプロピレン
臼座・調節つまみ:ナイロン
シャフト・スプリング・ハンドル:ステンレス
公式サイトHARIO(引用)

ハリオ(HARIO)セラミックスリム|外観・付属品

まずはじめに、買って届いた商品がこちら▽

開封前:外箱
外観

箱の中にはシンプルに「本体」と「ハンドル」の2つのみ

ハケは付いてないから、はじめてコーヒーミルを買うって方は別途ハケも購入した方がいい

外観のデザイン的には特にいうことないんだけど、ハンドルがボディに掛けられるのは省スペースでいいと思う

外観
kairi(かいり)

コンパクトなうえ軽いから、アウトドアとかでも活躍できそう

ハリオ(HARIO) セラミックスリム|基本的な使い方の流れ

使い方の手順3つ
  1. 好みの挽き目に粒度調節を行う
  2. 蓋を開けて適量のコーヒー豆を入れる
  3. ハンドルを回してグラインドする
STEP
好みの挽き目に粒度を調節する

粉受けを開けると「粒度調節つまみ」があるので、そこで挽き目の調節を行う

左に回せば粗く、右に回せば細かくなる

ハリオセラミックスリムの使い方

※詳細の目安は後ほど紹介

STEP
ホッパーに適量のコーヒー豆を入れる

ホッパー(豆を入れるところ)は蓋を開けたところにあるので、ここに適量のコーヒー豆を入れていけばOK

ハリオセラミックスリムの使い方
ハリオセラミックスリムの使い方
STEP
ハンドルを回して豆を挽く

コーヒー豆をホッパーにセットできたら蓋をして、ハンドルを回していく

ハリオセラミックスリムの使い方

基本的な使い方については以上だから、慣れればけっこうシンプルだと思う

ハリオ(HARIO) セラミックスリム|レビュー

粒度調節のしやすさ<3/5点>

粒度調節の方法は、粉受けを外して調節つまみを回して調節するという一般的な方法

粒度調節の方法
粒度調節の方法

つまみ部分は「カチカチ回る」仕組みなので、その「カチとなった回数」を目安に粒度調節していくイメージ

一般的にはこの「カチッ」となった回数のことをクリック数と呼ぶ

たとえば一番細かく削れる状態(右回転しなくなった状態)から、左に一回カチッと回すと”1クリック”
さらにもう一回カチッと回すと”2クリック”という仕組み

「じゃあハンドドリップでコーヒーを淹れるには、何回クリックしたらいいの?」 と思うかもだけど、ハリオ セラミックスリムにはその目安となるクリック数の明記がない

kairi(かいり)

初心者向けのミルだけにちょっと残念なポイント

ということで、「粒度調節の目安とか書いてないかな~?」とハリオ公式サイトを調べてたら、こんなものが見つかった

粒度の目安(ハリオ公式情報)
出典:ハリオ公式

公式情報によると、中細挽き(ペーパードリップ向け)のクリック数の目安は”10回”

kairi(かいり)

これ普通に取扱説明書に載せておいてほしい情報

目安が分かればあとはそんなに粒度調節は難しくはないと思う

追記(2021/9)

何回か使用してみて、個人的には13クリックくらいがちょうどよかった▽

ハンドドリップに適度なクリック数

挽きやすさ<3/5点>

まずは握りやすさについて、ハリオセラミックスリムの形状は中心に向かってくぼんでるから持ちやすい

材質も樹脂なので、特に滑るって感じもなく良い感じ

持ちやすさ

ただ挽いてみた感じはけっこう引っかかりもあって、スムーズには挽けないかな

豆を挽くのにも結構時間がかかるから、正直すこし疲れるとは思う

グラインド速度について他の手動コーヒーミルと比較計測してみたんだけど、結果はこんな感じだった▽

各種ミル名ハリオ セラミックスリムカリタ KH-10TIMEMORE C2
グラインド時間58秒44秒22秒
公式価格¥3,300(税込)¥4,950円 (税込) ¥7,200 (税込)
粒度の目安13クリック9メモリ22クリック
※中煎りのコーヒー豆10g分で検証、クリック数による誤差はあり
kairi(かいり)

コーヒー器具に拘りたいなら、あまりオススメはしない
だけど試しに豆からコーヒーを淹れてみたいって方にはオススメ

粒度の均一性・微粉の発生しにくさ<3/5点>

粒度の均一性、微粉の発生しにくさについても、価格相応かな

今回は「カリタ KH-10」と比較して、粒度の均一性と微粉の発生しにくさを検証してみたので参考にどうぞ

ハリオセラミックスリム
ハリオ セラミックスリム
比較対象)カリタKH10
カリタ KH-10

まずは粒度の均一性についての結果がこちら▽

粒度の均一性
ハリオ セラミックスリム(13クリック)
粒度の比較画像
カリタ KH-10(9メモリ)

価格帯が違う分やはり「カリタ KH-10」の方がすこし粒度のバラつきは少ないんだけど、そこまで大きな差も無いかな

つづいて、微粉の発生量についての結果がこちら▽

微粉の発生量
ハリオ セラミックスリム (13クリック)
微粉の発生量の比較画像
カリタ KH-10(9メモリ)

パッと見では分かりにくいかもだけど、微粉の発生も「カリタ KH-10」の方が若干少ないようだった

まあでも価格の差を考慮すると「ハリオ セラミックスリム」も負けてないと思う

結論、とりあえずでコーヒー豆を挽く分には問題なし

手入れのしやすさ<4/5点>

「ハリオ セラミックスリム」は粒度調節つまみを左に回し続けると、細かく分解できるようになっている▽

手入れのしやすさ
手入れのしやすさ

さらに刃はセラミック素材、その他の部位もほとんどが樹脂で出来てるから「水で丸洗い」することが可能

セラミック刃

他の「カリタ KH-10」や「TIMEMORE C2」とかは金属系の刃だから、水での丸洗いは出来ない

ここが「ハリオ セラミックスリム」のメリットだと思う

耐久性<2.5/5点>

耐久性についてはレビューを見た感じ「10年近く愛用できる人」もいれば、「数か月で壊れてしまった人」もいたので、正直判断しにくい

ただ私の「ハリオ セラミックスリム」は数十回使用したところで壊れてしまったので、個人的には耐久性は低い方だと感じた…

Twitter(@kairicoffee0710

この引っ掛かりは後々解消できたんだけど、この後数回使ってみたら毎回引っかかって使えなくなってしまった

原因を調べたところ「樹脂製の素材で”力のかかるシャフト部分”を支えてる」部分に問題点があった

壊れた原因
壊れた原因

金属である「シャフトの出っ張り部分」が、「刃を固定している樹脂」にえぐり込み挟まる

そして一度挟まったせいでそこに癖がついてしまい、直しても毎回同じ現象が起きてしまう(=もう使えない)

kairi(かいり)

安いから仕方ないんだけど、ちょっと残念

ただ長く愛用している人もけっこういるようなので、使い方に気をつければそれなりに長くも使えそう

注意すべきポイント4つ
  • 粒度調節のツマミを無理に締めない
  • 硬いコーヒー豆(浅煎り)は無理にグラインドしない
  • クリック数5未満では無理にグラインドしない
  • ホッパーに投入する豆の量には少し余裕を持たせる

ハリオ (HARIO) セラミックスリム| 評判・口コミ

kairi(かいり)

浅煎り豆だと壊れてしまったケースもあったので、やっぱ使い方には注意だね

まとめ:ハリオ(HARIO) セラミックスリムレビュー|3000円で始める本格臼刃式グラインド

【ハリオ(HARIO)セラミックスリムレビュー】3000円未満で始める本格臼式グラインド

以上、今回は「ハリオ(HARIO)セラミックスリム」について詳しくレビューしてきた

もちろん数万円するこだわりのあるミルに比べると、ハリオのセラミックスリムは気になる点もあるかもしれない

だけど3000円でコーヒー豆を本格的に挽けるという点では、唯一無二の存在

コーヒーは”淹れる直前に挽くことで香りや味が全く違ってくる”から、もし試しにハンドドリップしようと思っている方は「ハリオ セラミックスリム」を使って淹れる直前に挽いてみてほしい

【付属】水洗い可能だけど、サクッと掃除したい時にはハケもあると便利(▽安くて人気高め)

この記事の著者
kairi-coffee-icon
コーヒーブロガー
K
AIRI COFFEE
URLのコピーはこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる