ハリオ V60ドリップスケール VSTN-2000Bレビュー|オシャレにプロの味を再現しよう

「プロのレシピを再現するため、注水スピード(秒)や注水量(g)を測りながらコーヒーを淹れたい」

そんなときに役立つのが今回紹介するハリオの「V60 ドリップスケール (型番:VSTN-2000B)」だ

プロの中でも愛用者は多く、あなたもカフェやコーヒースタンドで見かけたことがあるかもしれない

今回はこんなハリオの「V60 ドリップスケール (型番:VSTN-2000B) 」について、使い心地のメリットやデメリット他のドリップスケールと比較しておすすめのポイント、おすすめできないポイントについても詳しくレビューしていこうと思う

結論、なるべく安く価格を抑えたい方にはおすすめのドリップスケールとなっているので、そんな方はぜひ参考にどうぞ

こんな人におすすめ
  1. 人気の高い比較的安価なドリップスケールが欲しい方
  2. 電池式のドリップスケールで、充電を気にせず使いたい方(目安1年で電池交換が必要)
  3. 壁に掛けられる省スペースなドリップスケールが欲しい方

型番には新旧2つ「VST-2000B(旧)」「VSTN-2000B(新)」があるので注意
※今回レビューしているのが新たな型番「VSTN-2000B」の方で、2021年1月より販売開始されたもの

メリット

  • 重量と時間の計測が同時にできる
  • 人気ドリップスケールの中では比較的安価な価格帯
  • 電池式で約12か月間の連続使用が可能(1日3回、1回2分、室温20℃での想定)
  • 操作方法が単純でわかりやすい
  • 壁掛け用フック穴付きでコンパクトに収納できる
  • シンプルかつシックなデザインでおしゃれ

デメリット

  • 液晶画面の表示が暗い(明るいところでは問題なし)
  • 自動計測モードがない
  • 計測開始に誤差が生まれる(タッチへの反応がなく、カウントアップを目視して注水開始となるため)
  • 防水機能なし


クリックできる目次

ハリオ(HARIO) V60ドリップスケール|概要・スペック

HARIO公式YouTubeより
製品名V60 ドリップスケール
サイズ
(横幅×奥行×高さ)
約120mm × 190mm × 30mm(実測値)
重量約280g(実測値)
計量範囲2~2000g(※1)(※2)
最大計測時間99分59秒
常温時精度(20℃)±0.0026%
電源単4型乾電池(※3
自動電源OFF機能対応:5分、計測中はタイマーのみ作動
防水機能非対応
公式サイトHARIO(引用)

※1  <計量の最小表示>

  • 2以上200g以下:0.1g
  • 200g超え500g以下:0.5g
  • 500g超え2000g以下:1g

※2 <計量の精度保証範囲>使用場所が室温23℃±5℃、湿度50%±20%の場合

  • 2以上200g以下:±0.2g
  • 200g超え500g以下:±1g
  • 500g超え2000g以下:±3g

⇒熱いモノをのせた直後、±2gほどの変化あり

※3 動作確認用電池あり 正常な電池への交換後、目安12か月の連続使用が可能(1日3回、1回2分、室温20℃での想定

ハリオ(HARIO) V60ドリップスケール| 外観・付属品

ということで、まず商品が届いた状態がこちら▽

外箱を開けると、中には次の2つが入っていた

付属品一覧
  1. ドリップスケール本体
  2. 取扱説明書

ドリップスケールにはすでに動作確認用の乾電池が内蔵されているので、絶縁用の紙(テープ?)を引っ張ればすぐに使い始めることが可能

ただ関東~九州以外にお住まいの方は、重量の誤差を修正する初期設定が必要となるので注意してほしい

※設定方法については取扱説明書に記載あり▽

ということで、つづいて外観としてはこんな感じ▽

2012年発売開始のものだけど、未だ色あせないシンプルかつスマートなデザインで個人的にはかなり好み

次は実際の使い勝手についてレビューしていこうと思う

ハリオ(HARIO) V60ドリップスケール| レビュー

シンプルな操作感で重量・注水スピードを同時に計れる

「V60 ドリップスケール」は自動測定モードとかがないので、シンプルに【ON/OFF】【START/STOP】のスイッチをタッチするのみの操作となる

重量を計るには電源の【ON/OFF】スイッチをタッチし入れたうえで、モノを置くと計れる仕組み

つづいて注水量を計るときには、電源を入れた状態で【START/STOP】スイッチをタッチする

操作方法はこの2つのみで、かなりシンプル

初めて使う方でも感覚的にわかるし、毎日使用する場合でも複雑な操作が不要なので使いやすい

ただ自動計測モードには非対応なので、そこは予め注意してほしい

少し残念なポイントとしては、タッチしたときの反応音(ピッみたいな音)が無いこと

反応したのか音で分からないということは、たとえば”目視でカウントアップ(数字が1、2・・・と進んでる)を確認してから注水を開始するようになる”ので、注水にかかった時間にすこし誤差が生まれる

私はそこまで気にしてないんだけど、きっちり誤差0で計測したいという人には向いてないので注意してほしい

目安12か月の連続使用が可能【電源は単4型乾電池×2個でOK】

「V60 ドリップスケール」は正常な乾電池に交換した場合、目安として約12か月もの連続使用が可能(1日3回、1回2分、室温20℃で想定)※取扱説明書より

他の人気ドリップスケールと比較したとき、ここが「V60 ドリップスケール」の差別化ポイントであり、おすすめできるポイントとなる

最初は動作確認用の電池が付属されてるよ
(実は私、このまま半年くらい使ってる…)

たとえば他の人気ドリップスケールといえば「TIMEMOREのドリップスケール」があるけど、あれは充電式で最大10時間しか使えない仕様になってる

こまめに充電すればいいんだけどやっぱ「忘れてて電池切れ」とかもたまにあるから、人によっては「V60 ドリップスケール」 の充電なしで長期的に使えるというメリットは大きい

kairi(かいり)

お店とかでよく見かける理由がこれなんだろうね
長期的に安心して使えるし、もしもの時も電池交換すればすぐ使えるし…

ただ長期的に使える代わりに、液晶画面の明るさはすこし暗めとなる

明るいところで使う分には何も問題ないんだけど、「暗い場所(アウトドアとか)でも使いたい」と思っている方は注意したほうがいいかも

壁に掛けてコンパクトかつオシャレに収納することも可能!

最後に「V60 ドリップスケール」は壁に掛けてコンパクトかつオシャレに収納することもできる

コーヒーを楽しみたいけど「常時置けるスペースは限られてる」という方も多いと思うから、そんな人にはけっこう嬉しいポイントだよね

私もコーヒー器具が増えてきて、普段はこんな感じで壁に掛けてるよ▽

マグカップをかけられるスペースがあれば、そこにも比較的掛けやすいと思う

これも可愛くて、いい感じ

このメリットも同様に「TIMEMOREのドリップスケール」には無い部分だから、差別化のポイントとして選ぶ基準にするといいと思う

まとめ:ハリオ(HARIO) V60ドリップスケール徹底レビュー|オシャレにプロの味を再現

ハリオ(HARIO) V60ドリップスケール徹底レビュー|オシャレにプロの味を再現

ということで改めて「V60 ドリップスケール」のメリット・デメリットをまとめると、以下のとおり

メリット

  • 重量と時間の計測が同時にできる
  • 人気ドリップスケールの中では比較的安価な価格帯
  • 電池式で約12か月間の連続使用が可能(1日3回、1回2分、室温20℃での想定)
  • 操作方法が単純でわかりやすい
  • 壁掛け用フック穴付きでコンパクトに収納できる
  • シンプルかつシックなデザインでおしゃれ

デメリット

  • 液晶画面の表示が暗い(明るいところでは問題なし)
  • 自動計測モードがない
  • 計測開始に誤差が生まれる(タッチへの反応がなく、カウントアップを目視して注水開始となるため)
  • 防水機能なし
    ※防水機能がないとの口コミが目立つんだけど、1万円未満のコーヒースケールだと防水機能は基本的に付いていない

こんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  1. 人気の高い比較的安価なドリップスケールが欲しい方
  2. 電池式のドリップスケールで、充電を気にせず使いたい方(目安1年で電池交換が必要)
  3. 壁に掛けられる省スペースなドリップスケールが欲しい方

型番には新旧2つ「VST-2000B(旧)」「VSTN-2000B(新)」があるので注意
※今回レビューしているのが新たな型番「VSTN-2000B」の方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

comment

コメントする

クリックできる目次
閉じる