ハリオ V60 MUGEN(無限)レビュー|蒸らしなし・注湯1回で本当においしいの?

ハリオV60ドリッパーの最新シリーズ、「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」を新たに購入してみたので、今回はその実際の使い方味わいの特徴について徹底レビューしていこうと思う

ハンドドリップといえば「蒸らし」という工程を踏んだり、注湯回数を複数回に分けたり…、と初心者にとっては複雑なポイントがけっこうが多い

これがハンドドリップを始める人の1つ大きなハードルとなってるのは間違いないんだけど、 「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」 を使えばそういう小難しくて面倒なことはなしでOK

ハリオ「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」の特徴2つ
  1. コーヒー粉の蒸らしは必要なし
  2. 注湯回数はシンプルに1回だけでOK

「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」 発売のプレスリリースはこちら

始めてコーヒーを淹れる人でも「簡単」かつ「毎日安定した味」を淹れられるっていうのが、このドリッパーの大きなメリットだよ

これだけ聞くとすごく興味を惹かれるんだけど、肝心なのは「淹れたコーヒーがほんとうにおいしいのか?」ってところだと思う

そんなポイントも含めて、今回は実際に使ってみて分かった「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」のメリットとデメリットを紹介していくので、ぜひ最後まで参考にどうぞ!

ハリオV60 MUGENは”1~2杯用のみ”で、1~4杯用は無いのでそこだけ注意してね

従来のハリオV60ドリッパーは下記記事で詳しく紹介しているので、こちらもぜひ参考にどうぞ

クリックできる目次

ハリオV60 1回抽出ドリッパー MUGEN|外観・付属品

ということで、今回購入して届いたのがこちら▽

素材は「樹脂製の透明ブラック」「陶器製のホワイト」の2つがあるんだけど、私は陶器製のものを選んだ▽

開けてみると、中には「ドリッパー」と「取扱説明書」の2つが入ってた

付属品
取扱説明書

「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」を使ったコーヒーの淹れ方は取扱説明書に記載があったので、最初はこの通りに淹れるのが良さそう

詳しくは後ほど実際に淹れながら紹介するね

つづいてドリッパーの形状について見ていくと、まずリブがかなり独特だと思った

リブ自体がまず少ないし、溝もかなり浅いので、ほとんどあってないような形状だよね

リブの形状

あと抽出口もけっこう小さい

実際に「ハリオV60ドリッパー」と比較してみたけど、やっぱすこし小さめの抽出口だった▽

抽出口のサイズを比較
ハリオV60ドリッパーの抽出口
従来のV60ドリッパーの抽出口:1円玉程度のサイズ
ハリオV60mugenの抽出口
MUGENの抽出口:1円玉より小さい

これら2つの特徴的形状によって、注湯が1回で済むよう、抽出スピードを遅くコントロールしているんだろうね

あと付属のホルダーはこんな形状になってて、抽出中は隙間から中の様子を見れるように工夫されてたよ

ホルダー

また写真のように、ドリッパーとホルダーをそれぞれ分解できる仕組みになってたので、細かいところの手入れもしやすくて良い

ホルダー取り外し方
ホルダー単体

使いやすさもちゃんと兼ね備えてると思う

ということで、つづいて「コーヒーの淹れ方」「注意ポイント」の紹介をしていこうと思う

ハリオV60 1回抽出ドリッパー MUGEN| コーヒーの淹れ方(公式)

取扱説明書に記載のあったコーヒーの淹れ方をまとめると、以下のとおり

「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」を使ったコーヒーの淹れ方:公式手順5つ
  1. 円すい形のペーパーフィルターをセットする【1~4杯用(注意)
  2. ドリッパーやサーバー、コーヒーカップにお湯をかけて温める
  3. 中細挽きのコーヒー粉20gをセットし、平にならしていくおく
  4. 蒸らしはなし)中央から渦を書くようにゆっくりと240mlのお湯を一度に淹れる
  5. コーヒーが落ちきったら出来上がり!

1杯のコーヒーに20gも…! これはかなり贅沢に使うね…

と、ここで2つ注意ポイントを紹介しておきたい

  1. 1~4杯用のフィルターを使用する
  2. 注湯量240mlを計るためにスケールは必須

注意ポイント①: フィルターは02サイズの1~4杯用を使用する

ドリッパー自体は1~2杯用だからつい間違えてしまいそうだけど、フィルターは1~4杯用がジャストサイズとなる

「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」を買う際は、まずここに注意しておくといいのかなって思った

サイズとかよく分からないという方は、下記のリンク先のものを選んでおけば大丈夫▽

↑ちなみにフィルターはこれでOK

注意ポイント②: 注湯量240mlを計るためにスケールが必須

つづいて2つ目の注意ポイントとして、注湯量240mlを計るためにはスケールが必須

どのスケールを選べばいいかわからない方は、下記のタイムモアのドリップスケール「BLACK MIRROR BASIC+」がおすすめ

BLACK MIRROR BASIC+のレビューはこちら

計量カップとかでザックリ計って淹れてもいいんだけど、今後のためにもドリップスケールがあるといいと思う

そもそもドリップポットも持ってないよって方には、1℃単位で温度調整もできる電気ケトル兼ドリップポットの「山善 電気ケトル」がおすすめ▽

山善電気ケトルEGL-C1280のレビューはこちら

これは超便利だから、コーヒーを淹れようと思っている方は「とりあえずこれだけは買い揃えておく」といいよ

コーヒー初心者の方でも、最低限ここら辺を揃えておけばOK

ということで、次は「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」を使って、実際にドリップしていこうと思う

「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」でコーヒーを淹れてみた

まずはドリッパー等々にお湯をかけて温めていく

※リンス(ペーパーの湯通し)はお好みで!

お湯で器具を温める

つづいて1~4杯用の円すい形フィルターをセットし、コーヒー粉20gをセット

コーヒー粉はトントンと揺らして”平にならしておく”と、均等にコーヒーを抽出できるよ

コーヒー豆20g
コーヒー豆とフィルターをセット

※コーヒー粉が少なく見えるけど、正式の分量(20g)だとこれくらいになった

つづいてお湯を注いでいくんだけど”蒸らしはなし”で、今回は「90℃」のお湯をゆっくりとした速度で一気に注いでいったよ(240ml)

注湯完了までにかけた時間は、1分弱くらいだった

蒸らしなし注湯
蒸らしなし注湯

240mlのお湯を注いだら、あとはひたすらコーヒーが落ちきるまで待つのみ

かなりゆっくりとしたペースで抽出されていき、抽出時間は計2分くらい

抽出の様子
コーヒー抽出後

お湯は241ml注いだんだけど抽出されたコーヒーの量は203ml(375.9g-173.0g≒203g)

抽出量(サーバー含む)
サーバーの重量含む抽出量:375.9g
サーバーの重さ
サーバー自体の重量:173g

約200mlというと、中サイズのマグカップ約1杯分くらいの量となる

正式では1~2杯用と記載があるんだけど、これは限りなく1杯用に近い抽出量と思う

抽出量203g

ちなみに抽出後のコーヒー粉はこんな感じ▽

抽出後のドリッパー
抽出後のドリッパー

ということで、淹れたコーヒーをさっそく飲んでみた

「V60 1回抽出ドリッパー MUGEN」で淹れたコーヒーを飲んだ感想

基本的にはV60ドリッパーらしく、まったりとバランスの良いコーヒー

ただなんかいつもハリオV60ドリッパーで淹れるコーヒーとも違って、軽いボディのようで、強いボディも感じる

すこし複雑な味わいなんだけど、結果的にそこもうまくバランスが取れてると思う

個人的な感想としてはこんな感じ

ちょっと複雑な印象は受けたけど、総じて「十分おいしいコーヒーが淹れられた

味わいがすこし複雑になってる要因は、たぶん抽出効率の偏りにあるんだと思う

ドリッパー上部の方は抽出効率は悪そうだし、ドリッパー下部(底)の方は逆に時間をかけてじっくり抽出されてそうだし▽

抽出後のドリッパー

そこら辺の抽出効率や濃度を、20gという多めのコーヒー粉を使うことでカバーしているような

まさにそんな複雑な味わいの違いを微かに感じるんだけど、ほんとそれは些細な違いでしかないとも思う…

総じて十分においしいコーヒーを淹れられてると思うから、こんな人にはかなり使いやすいドリッパーだと思う

  • 始めてコーヒーを淹れようと思っている方
  • 上手くコーヒーを淹れられなくて悩んでいる方
  • 常に安定した味わいを再現したい方
  • コーヒー豆の違いを確かめたい方

ちなみに私も今後コーヒー豆の味わいの違いを確かめるときに、使っていこうかなって思ってる

まとめ:ハリオ V60 MUGEN(無限)レビュー|蒸らしなし・注湯1回で本当においしいの?

ハリオ V60 MUGEN(無限)レビュー|蒸らしなし・注湯1回で本当においしいの?

「V60 一回抽出ドリッパー MUGEN」 のメリット・デメリットをまとめると、以下のとおり

メリット

  • 蒸らしはなしでOK
  • 注湯回数は1回のみでOK
  • まったりとバランスの良い味わいで、いつでも飲みやすい
  • 安定した味わいのコーヒーを楽しめる

デメリット

  • コーヒー豆の消費が多い(1杯で20g)

「豆の消費量が多い」というデメリッはあるものの、”とにかく簡単に”かつ”安定したバランスの良い味わい”を再現することが出来る、そんなドリッパーだと思う

こんな人におすすめ

結論:こんな人におすすめ
  • はじめてコーヒーを淹れようと思っている方
  • うまくコーヒーが淹れられず悩んでいる方
  • 安定した味わいを常に再現したい方

1~4杯用の円すい形フィルターを持ってない方は、これもセットで▽

ということで、今回はこんなところで終わり

最後まで読んでくれた方、ありがとうございます

この記事の著者
kairi-coffee-icon
コーヒーブロガー
Kairi(かいり)
URLのコピーはこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる