カリタ コーヒーミル ミニミルレビュー|レトロなデザインがかわいい初心者向け手動ミル

評価:3.0点

「最初はとにかく雰囲気を楽しんでみたいから、とにかく安くてクラシカルなデザインの手動コーヒーミルがほしい!」

これからコーヒーを淹れてみようと思っている方の中には、こんな思いの方も多いんじゃないかな

今回はそんな方に人気の高い、カリタの「コーヒーミル ミニミル」について、徹底レビューしていこうと思う

実は私がはじめて買った手動コーヒーミルがこれ(Amazonだと2000円くらいで買える)

今回もレビューの他に「製品スペック」や「旧型との違い」、「口コミ・評判」などもまとめて紹介していくので、ぜひ最後まで参考にどうぞ

こんな人におすすめ
  • コーヒー初心者で、出来る限り安い値段の手動ミルがほしい方
  • クラシカルなデザインのコーヒーミルがほしい方
kairi(かいり)

低価格で買える超初心者向けのコーヒーミルだから「すでにコーヒーミルを持っている」という方にはオススメできないよ

【必須付属品】ハケ(手入れ用)

カリタ純正

※私も愛用してるハケで、微粉も手軽に掃除できていいよ

もう少し安いハケがいいという方は、これが良さそうかな▽

【便利な付属品】ブロワー

ミル内に溜まってしまう微粉を吹き飛ばすため使用する▽

※安く済ませたい方は、近くの100円均一とかで探すといいかも

メリット

  • レトロな雰囲気を感じられるデザインで、豆を挽く時間を楽しめる
  • 蓋がないのでコーヒー豆を挽いてるときにも香りを楽しめる
  • 刃は硬質鋳鉄(金属)のコニカル式カッターで、中煎り豆10gのグラインド時間は26秒とかなり早い
  • 一度に1~2杯分まで対応可能(粉受け容量25g、ホッパー容量40g)
  • 微粉はセラミック刃のものと比較すると少なめ

デメリット

  • 細かい部分の手入れが難しい
  • グラインド中に豆がはじけて飛んでいったりする
  • グラインド時、ボディの角が手にあたってすこし痛いときがある
  • 粉受けの形状上、コーヒー粉を取り出しにくい
  • 粒度のバラつきはそれなりにある

すこし値段が上がるけど、当サイトおすすめのコーヒーミルが知りたいという方がいたら、こちらの記事「コーヒーミル手動・電動のおすすめ4選とその選び方【コスパ最強はどれ?」もぜひ参考にどうぞ

クリックできる目次

カリタ コーヒーミル ミニミル| 概要とスペック

製品名ミニミル
カラー
サイズ
(横幅(ハンドル方向)×奥行×高さ)
170mm × 110mm × 190mm(実測)
ハンドル長さ
(ボディ芯~ノブ端まで)
約125mm(実測)
重量
(ハンドル含む)
約670g(実測)
容量ホッパー:40g
粉受け:25g
刃の形状コニカル式カッター(コーン式ミル)
刃の材料硬質鋳鉄カッター
公式サイトKalita公式(引用)

粉受けは公式では25gとあるんだけど、それだけ挽くとあふれ出ちゃうから15g~20gくらいが体感的な限界だと思う

なので基本的には1杯用、多くて2杯用というイメージを持つのが良いと思う

【カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-10】外観・付属品

まずはじめに買って届いた状態がこちら▽

中に入っていたのは「本体」と「ハンドル」の2つのみ▽

取扱説明書とかは無くて、外箱の側面に”簡単な解説のみ”が記載されてる感じ

kairi(かいり)

といってもこの解説はあまり役に立たない
なので詳しい使い方については、記事の中盤あたりで紹介する

ボディにハンドルをつけると、外観はこんな感じに▽

まさに昔ながらのコーヒーミルという雰囲気が漂ってて可愛い

ハンドルには「Kalita」の刻印も▽

ホッパー(コーヒー豆を入れるところ)には蓋がついていないんだけど、ここにはメリットもデメリットもあるので注意してほしいところ

蓋がないデメリット2つ

  1. ほこりが中に入る
  2. たまに砕けた豆が上部から飛び散る

蓋がないメリット1つ

  1. グラインド中にもコーヒー香りが広がり、より雰囲気を楽しめる

ということで、次は使い心地について詳しくレビューしていこうと思う

【カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-10】レビュー

粒度調節のしやすさ<2.5/5点>

いきなりだけど、粒度調節は正直しにくいと思う理由は次の2つ

  1. 調節に必要な工程が長い
  2. 調節の目安が分からない

調節に必要な工程が多い

粒度調節を行うには、まず上部のつまみを左に回しきり外す

次にハンドルを取り外す

そしてストッパーを取り外し、

最後に歯車みたいな形をした「調節ネジ」を回して粒度の調節を行う

粒度調節のポイント2つ

  1. 左に回せば粗く、右に回せば細くなる
  2. 歯車を回すときはシャフト(軸)をしっかり持って回す

調節が終わればまた部品を付け直すのだけど、微調整するときに毎回この工程をふまないといけないのはすこし面倒だと思う

組み立て時の注意点

ストッパーを再度はめる際には「歯車の窪み」と「ストッパーの垂れ下がり部」を合わせるようにはめる

※ここがうまくハマってないと調節がズレたり、上手く組み立てられなかったりするので注意

粒度調節の目安が分からない

つづいて、粒度調節の目安が記載されていないので「どれくらい回せば丁度よく挽けるのか」が分からない

目安は手探りで探して下さいってことなんだろうけど、さぁ使おう!って思ったところでちょっと困る

ということで...

参考

私が実験してみた結果、ペーパードリップで使う目安としては「右に回しきった状態から左回転で1周半(9メモリ)」くらいがちょうどいいと思った

※ただあくまで参考値なので”好み”や淹れ方によって微調整してみてほしい

⇒これで評価は3点[star3]に持ち上がったと考えてもいいかな

挽きやすさ<3.5/5点>

「ミニミル」のボディはすこし大き目の四角形だから、グラインド時は机に押さえつけて挽くイメージになる

この時、ボディの角が若干手のひらにあたるから”ほんのすこし”手がいたくなる

ただ体重を乗せる感覚に近いから、握力や腕力をあまり使わなくていいのは良いところ

挽き心地としては中煎り豆くらいなら引っかかりもなく、ガリガリと挽ききることができる

正直久しぶりに使ったんだけど、あれ?これかなり早い・・・

ということで今回はグラインド速度について、初心者ミルの王道「ハリオ セラミック」と比較検証してみた▽

カリタ ミニミルハリオ セラミックスリム
グラインド速度26秒58秒
挽き目13クリック9メモリ(1周半)
※同じ中煎り豆、10gで検証

結果としては「ハリオ セラミックスリム」より2倍くらい早く挽ききることができた

正直これには検証してみた私自身も驚きなんだけど、早く挽くことができた要因としては次の2つがありそう

早く挽けた要因2つ
  1. 硬質鋳鉄の金属刃で切れ味が比較的いいこと
  2. 体重を乗せて挽けるので、ハンドルを回す勢いが増すこと

ただ、挽いた粉を取り出すときは少し面倒な面もあったりする

たとえば、粉受けからはみ出てしまった粉を取り出す必要があったり▽

口の狭いペーパーフィルターに入れにくかったり▽

扇型・円錐形フィルターは問題なし
ウェーブフィルターには入れにくい
kairi(かいり)

ちょっと面倒なことは間違いないんだけど、レトロでかわいいし妥協できる範囲かなと個人的には思ってた

粒度の均一性・微粉の発生しにくさ<3.0/5点>

粒度の均一性、微粉の発生しにくさについては、あまり特筆すべきことはなかった

一応今回も「ハリオ セラミックスリム」と粒度の均一性と微粉の発生しにくさを比較検証してみたので参考にどうぞ

振るいを使って検証

まずは粒度の均一性についての結果がこちら▽

カリタ ミニミル(9メモリ)
ハリオ セラミックスリム(13クリック)

どちらも結構バラつきは目立つんだけど、カリタの「ミニミル」の方が大きな粒がより多いと感じた

つづいて、微粉の発生量についての結果がこちら▽

ハリオ セラミックスリム(13クリック)

微粉の発生量については、カリタの「ミニミル」の方が半分ほど少ないようだった

やっぱ金属刃なのでゴリゴリすり潰すような感覚はなく、微粉も少なくなったということかな

手入れのしやすさ<2/5点>

評価:2[star2]

「ミニミル」は細かい分解ができない仕様なので、正直手入れはしにくい

具体的にいうと限界まで分解したとしても「シャフトと刃は取り出すこができない」ので、粉受けの入り口の部分からハケとかで掃除するしかない▽

水で丸洗い可能な「ハリオ セラミックスリム」に比べると、ここが大きなデメリットかなと思う

コーヒー豆は腐ることはないと言われているけど、付いたコーヒー粉を放置しておくと味が落ちたりしてしまう

だから少し面倒だけどたまに分解しながら、丁寧にハケで掃除してあげる必要はある

ということでここでは「ミニミル」の分解・組立手順と掃除のポイントついても、合わせて解説しておこうと思う

分解手順と掃除のポイント

STEP
粉受けを取り出す

掃除ポイント①:粉受け

STEP
「トップネジ」を外す
STEP
「ハンドル」を外す
STEP
「ストッパー」を外す
STEP
「金属ワッシャー」を外す
STEP
「シャフト」を持って支えながら、「調節ネジ(歯車)」を外す
STEP
さらに「シャフト」を持って支えながら、「プラスチックワッシャー」を外す
STEP
ここまで分解出来たら、各隙間からハケを通して内部の手入れを行う

掃除ポイント②:ホッパー内、外刃、内刃と細かく

数か月に1度は掃除するといい場所

小さな釘で固定されているホッパーなんだけど、ここもたまに外して掃除してあげるといいかと思う

キレイに掃除してしまった後なんだけど、このボディとホッパーの間(左写真:ボディ上の円の部分)に微粉とか豆が詰まりやすい

ということで手入れについてはこれくらいで十分、あとは組み立てなおして終了だね

取り外した細かい各パーツについてだけど、下記写真の下の方にあるパーツから順にはめていくイメージ

組立手順

STEP
手で下から「シャフト」を支えつつ、 「プラスチックワッシャー」 を取りつける

※ワッシャーは2つあるけど、まずはプラスチックの方から

STEP
手で下から「シャフト」を支えつつ、 「調整ネジ(歯車)」 を取りつける

このとき調節ネジ(歯車)は右回しで限界まで締める

さらにそこから適度な粒度に調節要(目安:左回しに1周半)

STEP
「金属ワッシャー」を取りつける
STEP
「ストッパー」を取りつける(歯車の窪みにはめ込む)
STEP
「ハンドル」を取りつける
STEP
「トップネジ」を取りつける

このときハンドルを支えつつ取り付けるとうまくはまる

STEP
この状態になったら組み立ては完了

以上、これで手入れは完璧

少し面倒なのは間違いないんだけど、出来る範囲でやってあげると良いと思う

カリタ コーヒーミル ミニミルレビュー|口コミ・評判

まとめ:カリタ コーヒーミル ミニミルレビュー|レトロなデザインがかわいい初心者向け手動ミル

以上「ポーレックス コーヒーミル・Ⅱ」のメリット・デメリットをまとめると、以下のとおり

メリット

  • レトロな雰囲気を感じられるデザインで、豆を挽く時間を楽しめる
  • 蓋がないのでコーヒー豆を挽いてるときにも香りを楽しめる
  • 刃は硬質鋳鉄(金属)のコニカル式カッターで、中煎り豆10gのグラインド時間は26秒とかなり早い
  • 一度に1~2杯分まで対応可能(粉受け容量25g、ホッパー容量40g)
  • 微粉はセラミック刃のものと比較すると少なめ

デメリット

  • 細かい部分の手入れが難しい
  • グラインド中に豆がはじけて飛んでいったりする
  • グラインド時、ボディの角が手にあたってすこし痛いときがある
  • 粉受けの形状上、コーヒー粉を取り出しにくい
  • 粒度のバラつきはそれなりにある

デザインの良いお試し用のコーヒーミルとしては、これを選んでおけば間違いないかな

こんな人におすすめ

評価:3.0点

結論:こんな人におすすめ
  • コーヒー初心者で、出来る限り安い値段の手動ミルがほしい方
  • クラシカルなデザインのコーヒーミルがほしい方
  • 金属刃のミルを使ってみたいという方

ハンドルホルダー付きはこちら▽(省スぺース、携帯性UP、滑りにくさUP)

もう少し安いハケがいいという方は、これが良さそうかな▽

【便利な付属品】ブロワー

ミル内に溜まってしまう微粉を吹き飛ばすため使用する▽

※安く済ませたい方は、近くの100円均一とかで探すといいかも

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

comment

コメントする

クリックできる目次
閉じる