キントー(KINTO) SCS コーヒーキャニスターレビュー|200gまで保存可能で実用的かつオシャレ

おすすめ度4.5点

コーヒー豆をより美味しくかつオシャレに保存したいということで、キントーのキャニスターを買ってみた

今回はそんな「キントー(KINTO) SCS コーヒーキャニスター 600ml」について、実際の使い勝手やサイズ感について詳しくレビューしていこうと思う

キャニスターとは?

キャニスターとは蓋つきの保存容器のこと

コーヒー豆を保存する場合は基本蓋つきになるので、「コーヒー豆の保存容器=キャニスター」って感じだね

外観
【KINTO(キントー)のSCSコーヒーキャニスター】内径の大きさ

メリット

  • どこに置いても馴染んでくれるデザイン性
  • 磁器で作られているため軽くて丈夫で割れにくい
  • 蓋にはシリコン材付きで密閉が可能
  • 遮光性も有るため、より”豆の劣化”を抑えやすい
  • 200gのコーヒー豆が少し余裕を持って入るサイズ感で、1~2人用として使い勝手がいい
  • カラーは「ブラウン」「ホワイト」の2つから選択可能

デメリット

  • 少し値段が高い
kairi(かいり)

まさに趣味でコーヒーを楽しむ方に最適なキャニスター
”空間になじむ”デザインなのも、個人的にはかなり気に入ってる

クリックできる目次

KINTO(キントー)SCSコーヒー キャニスター 600ml| 概要・スペック

公式画像
ブラウン
ホワイト
製品名SCS コーヒーキャニスター 600ml
カラーブラウン、ホワイト
サイズ幅 110 mm x 高さ 115 mm
容量600ml
コーヒー豆容量約200g
重量約270g
素材蓋・本体:磁器
パッキン:シリコン
公式サイトKINTO(引用)
公式販売価格¥2,200 (税込)

SCSは『SLOW COFFEE STYLE』の頭文字をとった略語でキントーを代表するシリーズ

<SLOW COFFEE STYLE>スローという贅沢を味わうためのコーヒーウェア

ハンドドリップで淹れたコーヒーをゆったりと味わうために生まれたSLOW COFFEE STYLE。ゆるやかなフォルムや落ち着いた色合い、あたたかみのある手触りが心をほぐします。ヴィンテージ家具や、植物が置いてあるような空間にもなじむ、インテリア感覚で楽しむことのできるデザイン。薫り高い一杯を淹れる穏やかな時間に、豊かな広がりをもたらします。

KINTO<SLOW COFFEE STYLE>

KINTO(キントー) SCSコーヒー キャニスター 600ml|外観・付属品

ということで、キャニスターが届いた時の写真と、開けてみた時の写真がこちら

開封前
開封後

中身を取り出すと、3つのパーツ(本体、蓋、シリコンパッキン)が出てくる

付属品一覧
各パーツ(本体、蓋、シリコンパッキン)

シリコンパッキンの装着は自分で行うようなので、説明書を読みながら取り付けていく

パッキン取り付け
蓋にシリコンパッキンを装着(向きには注意)

パッキンを正しく取り付けられたら準備は完了!

セット完了

KINTO(キントー) SCSコーヒー キャニスター 600ml|保存容量と実用性について

SCSコーヒーキャニスターは200gまで保存可能とのことだったので、実際に200gのコーヒー豆をいれてみた結果がこちら▽

最大保存容量:200g

結果的には、200gのコーヒー豆を入れても適度な余裕があっていい感じ

ついでにHARIOやKalita、Melitaのドリッパーを買ったときについてきたコーヒーメジャー(スプーン)も入れてみようと思ったけど、これは入らなかった

KINTO(キントー)のSCSコーヒーキャニスターは【直径”110mm” x H115mm】の大きさで表記されているけど、これは外径の大きさで、実際測ってみると内径の大きさは【直径98~100㎜】程度だった

内径の大きさ

だからもしこのKINTO(キントー)のSCSコーヒーキャニスターを購入して、中にメジャースプーンを入れたいと思っている方がいたら”サイズに注意”した方がいいかも

そもそもコーヒーキャニスターは何個買うべき?

ちなみに私は今回このキャニスターを2個買ったんだけど、実際買おうと思ったら何個必要か迷う人もいると思う

実用的な個数

だからここでは参考までに【豆の消費量とキャニスターの必要個数】についてご紹介する

必要個数
10g使用/
必要個数
15g使用/
1杯/日1個1個
2杯/日1個(~2個)2個
3杯/日2個2個(~3個)
4杯/日3個4個
※コーヒー豆は2週間程度で消費するものとして想定

1日あたり3~4杯程度飲むなら大きなサイズ(容量300g、400g)のキャニスターでもいいかもなんだけど、

さまざまなコーヒー豆を楽しみたい場合は、容量200gのキャニスターが複数個あった方が分けて保存できるから便利

kairi(かいり)

ちなみに容量が100g程度のキャニスターはおすすめしない
コーヒー豆はだいたい150gや200gからの販売が多いからね

まとめ:キントー(KINTO) SCS コーヒーキャニスターレビュー|200gまで保存可能で実用的かつオシャレ

以上、今回は「KINTO(キントー)のSCSコーヒーキャニスター」についてレビューしてみた

あらためてメリットとデメリットをまとめると、以下のとおり

メリット

  • どこに置いても馴染んでくれるデザイン性
  • 磁器で作られているため軽くて丈夫で割れにくい
  • 蓋にはシリコン材付きで密閉が可能
  • 遮光性も有るため、より”豆の劣化”を抑えやすい
  • 200gのコーヒー豆が少し余裕を持って入るサイズ感で、1~2人用として使い勝手がいい
  • カラーは「ブラウン」「ホワイト」の2つから選択可能

デメリット

  • 少し値段が高い

確かにガラス製のキャニスターに比べると若干高いんだけど、個人的には満足な買い物だったのでぜひ試してみてほしい

この記事の著者
kairi-coffee-icon
コーヒーブロガー
K
AIRI COFFEE
URLのコピーはこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる