メリタ アロマフィルターレビュー|結論:初心者に超おすすめのドリッパー!

今回は僕が一番最初に買ったドリッパーである、メリタの「アロマフィルター」について詳しくレビューしていこうと思う

このドリッパーは個人的にもけっこうお気に入りで、今でもちょいちょい活躍してるドリッパー

今回は「具体的な淹れ方」「おいしくなるコーヒー粉の量」についても詳しく紹介していくので、ぜひ参考にどうぞ!

▽こんな人にはぜひおすすめ

こんな人におすすめのドリッパー
  • 「甘味」「苦味」「コク」が強く、割としっかりしたコーヒーが好きな方
  • 簡単に淹れられるドリッパーを探している方

⇒喫茶店で飲むようなコーヒーらしいコーヒーを淹れたい方には、メリタのアロマフィルターがおすすめ

メリタアロマフィルターのメリット・デメリットまとめ

メリット

  • 甘味・コク・苦味の強いしっかりとしたコーヒーを楽しめる
  • 牛乳や砂糖を入れる人にも適した味わい
    (妻や彼女とも楽しみやすいドリッパー)
  • 基本注湯1回で簡単に淹れられる
  • 注湯量と時間がドリッパー固定なので、毎日安定した味わいを楽しめる
  • サイズは3つ対応で、生活スタイルに合わせやすい
  • 値段がすこし安く、買い揃えやすい

デメリット

  • 酸味やキレが強いコーヒーが好きな方は、苦手に感じる可能性もある
  • 抽出スピードのコントロールが難しいので、味わいの幅は広げにくい
クリックできる目次

メリタ アロマフィルターとは?|特徴・スペック・サイズの選び方

メリタ アロマフィルター|特徴5つ

アロマフィルターは下記5つの特徴によって、「甘味」「苦味」「コク」の強いしっかりとした味わいのコーヒーを、誰でも簡単に淹れられるドリッパーとなっているよ

アロマフィルターの特徴まとめ5つ
  1. 台形ドリッパー、抽出口は小さな1つ穴【苦味・甘味・コクを重視】
  2. 抽出口は底ではなく、すこし高めに設置【十分な蒸らしを助けて抽出効率を向上】
  3. ペーパーには小さな無数の穴を確保【アロマ(豆のオイル)を出すため】
  4. 抽出管にペーパーが張り付くことで”サイフォンの原理”を利用【抽出後に液が垂れにくい】
  5. 基本的に注湯回数は1回でOK【誰でも簡単】

台形ドリッパー、抽出口は小さな1つ穴【苦味・甘味・コクを重視】

台形
抽出口が1つでかなり小さい

抽出口は底ではなく、すこし高めに設置【十分な蒸らしを助けて抽出効率を向上】

抽出口は高め
蒸らしの効率向上

ペーパーには小さな無数の穴を確保【アロマ(豆のオイル)を出すため】

【拡大】アロマフィルター用のペーパー
(アロマジック)
【拡大】 カリタドリッパー用のペーパー

抽出管にペーパーが張り付くことで”サイフォンの原理”を利用【抽出後に液が垂れにくい】

抽出が終わった様子

基本的に注湯回数は1回でOK【誰でも簡単】

特に1回の注湯でコーヒーを淹れられるっていうのは、初心者や上手く淹れられない方にはうれしいポイントだよね

蒸らしをして、あとは一気に規定のラインまでお湯を注ぎ、落ちきるまで待つだけ!

メリタ アロマフィルター|サイズごとの各スペックを紹介

メリタアロマフィルターのサイズは3つで、それぞれ「1×1」「1×2」「1×4」があるよ

各サイズの公式的なスペックは、下記のとおり

型番AF-M 1×1
対応杯数1~2杯用
※小ぶりのカップ1杯~マグカップ1杯分
サイズ110mm × 95mm × 72mm
重量51g
対応ペーパーアロマジック 1×1
↑ホワイト・ブラウンあり
エコブラウン 1×1
付属品メジャースプーン
※コーヒー粉すりきりで約8g
引用:メリタ アロマフィルター(公式)

メリタはサイズを「1×○」で表記してるけど、これは”1回の注湯”で”最大○杯淹れられる”ってことを表している

具体的には、下記の例をを参考にどうぞ▽

例:1×1サイズ

「AF-M 1×1」であれば、1回の注湯で1杯分淹れられる

ただ2回目の注湯を行えば、2杯分淹れられる仕組みにもなってるので、1~2杯分まで対応

※「AF-M 1×2」「AF-M 1×4」も同様

そう、実は1回の注湯でOKといいながら、2回目の注湯もできるのもメリタの特徴となる

はじめて買う方には、ここら辺がすこし分かりにくいでもあるよね

メリタ アロマフィルター|サイズの選び方

サイズの選び方としては、1回の注湯で淹れられる抽出量を基準に選ぶのがおすすめ

1回の抽出量を基準とすべき理由2つ
  1. 1回で淹れられる方が、シンプルかつ簡単だから
  2. 2回目の注湯を行うと、若干雑味が感じられるから

⇒ということで、1回の注湯で”適量”が淹れられるサイズがおすすめ

下記の表では各サイズごとに「1注湯あたりの抽出量」と「そのイメージ的な量」をまとめているので、ぜひ参考にどうぞ▽

1注湯あたりの抽出量 約160ml
イメージ量小ぶりなカップ1杯分

⇒基本的に一人用として使うなら「1×2サイズ」がおすすめで、複数人用として使うなら「1×4サイズ」がおすすめ

⇒逆に1×1サイズはそこまでメリットがないので、あまりおすすめはしないかな

メリタ アロマフィルター|おすすめの淹れ方【適切なコーヒー粉の量も解説】

メリタ アロマフィルター|コーヒー粉は1杯あたり「10g~11g」がおすすめ

アロマフィルターは”他のメリタドリッパー”と比較すると、注湯量・抽出量ともに多くなる

だからアロマフィルターでコーヒーを淹れる場合、コーヒー粉の量もすこし多め(目安10g~11g)となるよ

アロマフィルターのコーヒー粉は8gが適量」と解説している記事もあるけど、あれは正直誤ってる

具体的に、今回は「アロマフィルター1×2」「クリアフィルター1×1」「陶器フィルター1×2」それぞれの注湯量を比較したので、こちらを参考にしてほしい▽

スクロールできます
各種フィルター
(サイズ)
1杯分の
注湯量
2杯分の
注湯量
4杯分の
注湯量
アロマフィルター
(1×2)
180ml 360ml720ml※1
クリアフィルター
(1×1)
約135ml約270ml※1※サイズ的に
計測不可
陶器フィルター
(1×2)
※規定ラインなし
計測不可
約270ml約540ml※1

※1 1杯分または2杯分を「×2」して計算
アロマフィルター1×2
1杯分:184.0ml
アロマフィルター1×2
2杯分:363.4ml
クリアフィルター1×1
1杯分:134.5ml
陶器フィルター1×2
2杯分:268.7ml

注湯量の計量方法:各ドリッパーの抽出口を塞ぎ、規定のラインまで水をいれ、その水をサーバーに移して計量

検証してみると、やはりアロマフィルターの注湯量だけ約1.3倍も多い結果に…

ということでアロマフィルターで淹れるときは、豆の量もすこし多に、1杯あたり10~11gを目安に使うのがおすすめ

アロマフィルターのコーヒー粉の量
  • 1杯あたり8g:薄すぎる
    ⇒付属のメジャースプーンで、粉すりきり1杯ジャスト
  • 1杯あたり10~11g:おすすめ
    付属のメジャースプーンで、粉すりきり1杯とすこし

※出来れば豆の状態で、”スケール”を使って計るのがおすすめ

ここだけ注意すればメリタらしい、甘くて深みのある味わいを楽しめる…!

ということで、次は具体的な淹れ方について「AF-M 1×2」を使って紹介していこうと思う

メリタ アロマフィルター|おすすめの淹れ方【手順5つ】

アロマフィルターの外箱にも淹れ方の表記があるんだけど、すこし分かりにくい

ということで、より具体的にしたおすすめの淹れ方がこちら▽

おすすめの淹れ方|手順5つ
  1. ペーパーのシール部2か所を折り曲げ、フィルターにセットする
  2. サーバーにフィルターを乗せ、中細挽きのコーヒー粉を杯数分(10g×杯数)をいれ、表面を平らにならす
  3. コーヒー粉全体に染み渡る程度のお湯を注ぎ、30秒待つ(蒸らし⇒抽出効率を上げる)
  4. 杯数分のラインまで、中心に円を描くようにして92℃のお湯を1回で注ぎきる
  5. コーヒー液が落ちきるまで待つ

※お湯は沸騰する直前で止めたものを注ぐイメージでもOK

ということで「AF-M 1×2」を使って実際に淹れてみた

STEP
ペーパーのシール部2か所を折り曲げ、フィルターにセットする

2か所目を折り曲げる際は、1か所目と反対側に折り曲げる

順番は①側面⇒②底面の順で折り曲げると、ペーパーが安定しやすいからおすすめだよ

STEP
サーバーにフィルターを乗せ、中細挽きのコーヒー粉を杯数分(10g×杯数)をいれ、表面を平らにならす

サーバー(コーヒー液が抽出できる容器なら何でもOK)にフィルターをセット、今回は1杯分淹れるので、10gのコーヒー粉をいれた

コーヒー粉をいれたあとは、フィルターの側面を軽くトントンと叩き、表面を平にならしておく

STEP
コーヒー粉全体に染み渡る程度のお湯(92℃)を注ぎ、30秒待つ

お湯の量は”粉の2倍程度”(10g⇒20mlくらい、20g⇒40mlぐらい)を目安にすると、間違いなし

コーヒー粉の層は”中央”がより厚いので、そこを中心にお湯をかけていく

温度計がない場合は、沸騰する直前で止めたお湯を使ってコーヒーを淹れるといいよ
※97℃~100℃では雑味が出る、80℃以下ではうまく成分が抽出されないため

STEP
杯数分のラインまで、中心に円を描くようにして92℃のお湯を1回で注ぎきる

30秒の蒸らしタイムが終わったら、次は杯数分のラインまで、92℃のお湯を注いでいく

イメージは中心に小さな円を描くように淹れるとOK。スピード感は速め

STEP
コーヒー液が落ちきるまで待つ

あとはひたすら落ちきるまで待つのみ

だいたい2分~3分で全て落ちきるイメージ

ということで、抽出完了!

※写真とり忘れてて、これは夜の分…

まとめ:メリタ アロマフィルターレビュー|結論:初心者に超おすすめのドリッパー!

ということで、メリタアロマフィルターのメリット・デメリットをまとめると、以下のとおり

メリット

  • 甘味・コク・苦味の強いしっかりとしたコーヒーを楽しめる
  • 牛乳や砂糖を入れる人にも適した味わい
    (妻や彼女とも楽しみやすいドリッパー)
  • 基本注湯1回で簡単に淹れられる
  • 注湯量と時間がドリッパー固定なので、毎日安定した味わいを楽しめる
  • サイズは3つ対応で、生活スタイルに合わせやすい
  • 値段がすこし安く、買い揃えやすい

デメリット

  • 酸味やキレが強いコーヒーが好きな方は、苦手に感じる可能性もある
  • 抽出スピードのコントロールが難しいので、味わいの幅は広げにくい

人によってはデメリットを感じるかも…だけど、買ってみて損はしないと思う

価格もそこまで気にならないし、自分の好みを知れると思うし、周りの人とも楽しみやすし…結構いいんじゃないかな

個人的にはけっこうおすすめなので、興味があればぜひ試してみてほしい

ペーパーは、”サイズ”に合わせて下記から選んでおけば間違いなし

※ホワイトの方が紙の匂いを抑えられておすすめ 上記ペーパーはすべてホワイトのタイプになってます 

この記事の著者
kairi-coffee-icon
コーヒーブロガー
Kairi(かいり)
URLのコピーはこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる