1~2杯用ウェーブフィルターケースに「カリタ(Kalita) キャニスター 500ml」がぴったり?

おすすめ度4.5点

ウェーブドリッパーを使っている人は、こんな悩みを持ったことがあるかもしれない

ウェーブフィルターのハードケースがほしい!

私もそのうちの一人で、ウェーブフィルターのケースって「布製のソフトケース」しか売ってないんだよね

ハンドドリップはお湯を扱うから、もしお湯をこぼしたりしてフィルターが濡れたりしたら困るし...

というわけで、今回は「Kalitaキャニスター(サイズ500ml)」が1~2杯用ウェーブフィルターのケースとして代用できるか実験してみた

クリックできる目次

1~2杯用ウェーブフィルターのケースに「Kalitaキャニスター500ml」を代用してみた

まずはじめに、届いた商品たちがこちら▽

開封前:Kalitaキャニスター500ml

中には次の3つが入ってる

付属品一覧
付属品一覧
  1. 本体
  2. コーヒーメジャー
kairi(かいり)

でも今回使うのは、本体と蓋だけ

※蓋はパッキン部分が取り外せるようになってるから、細かく洗浄したい時に便利そう

パッキン

ということでさっそくこの「カリタ(Kalita)キャニスター 500ml」に、1~2杯用のウェーブフィルターを収納してみる

1~2杯用ウェーブフィルター

今は使いかけのフィルターしかなくて、枚数はちょうど30枚分

今回はこれでいったん収納して様子をみてみる

ということでセット開始▽

STEP
キャニスターにウェーブフィルターを乗せる
収納の様子
STEP
ウェーブフィルターを軽く押し込む
収納の様子
※キャニスターは入口が少し狭いので、軽く押し込みながらいれる
STEP
ん~、良い感じに入った!
収納した写真:正面
収納した写真:上から

つぶれることもなく”形をキープしたまま”収納できてる

STEP
ちゃんと取り出せるかも検証・・・
ウェーブフィルターを取り出す様子

ウェーブフィルターは内側のものから取り出すので、使い心地はなにも問題なし!
すべてを取り出すには少し力がいるけど、形は崩さずに取り出せたからOKだと思う

今回は使いかけの30枚しか収納できなかったけど、上部にかなり余裕があるから【50枚セット】の1~2杯用のウェーブフィルターならすべてきれいに収納できると思う

ケースとして収納可能

無駄なスペースを取ることなくキレイに収納することができた!

まとめ:1~2杯用ウェーブフィルターケースに「カリタ(Kalita) キャニスター 500ml」がぴったり?

以上、今回は1~2杯用ウェーブフィルターケースに「カリタ(Kalita) キャニスター 500ml」を代用してみたんだけど

結果、【50枚セット】の1~2杯用ウェーブフィルターなら「Kalitaキャニスター500ml」でぴったり収納することが可能

なんとなく実験感覚で試してみただけに、実は私もびっくり

でも、うまく収納できるハードケースが見つかって良かった!

ということで、同じようにハードケースに入れて収納したいな~という方にはぜひ試してみてね

※50枚入りの1~2杯用ウェーブフィルター▽

扇形フィルターや円錐型フィルターを収納できるフィルターケースを探してるという方は、こちらの記事も参考にどうぞ

kairi(かいり)

これは私も3つほど愛用してるフィルターケース

この記事の著者
kairi-coffee-icon
コーヒーブロガー
K
AIRI COFFEE
URLのコピーはこちら
URLをコピーする
URLをコピーしました!
クリックできる目次
閉じる